[Mac] Macにsshpassをインストールする

Macにsshpassをインストールしようと思いHomebrewを使ってみたところ、

$ brew install sshpass 

Error: No available formula for sshpass 

We won’t add sshpass because it makes it too easy for novice SSH users to

ruin SSH’s security. 

セキュリティーに問題があるので、やめとけと言われます。

とはいえ、sshpassを必要するソフトウェアはあるので、誰かが公開してくれたFormulaを利用させてもらいます。

$ brew install http://git.io/sshpass.rb 

以上です。 
ちなみにファイルに中身は、

require ‘formula’
class Sshpass < Formula
  url ‘http://sourceforge.net/projects/sshpass/files/sshpass/1.05/sshpass-1.05.tar.gz’
  homepage ‘http://sourceforge.net/projects/sshpass’
  sha256 ‘c3f78752a68a0c3f62efb3332cceea0c8a1f04f7cf6b46e00ec0c3000bc8483e’
  def install
    system “./configure”, “–disable-debug”, “–disable-dependency-tracking”,
                          “–prefix=#{prefix}”
    system “make install”
  end
  def test
    system “sshpass”
  end
end
と単純なので、自分DL&./configure&make installしてもOKですが、brewを使った方が管理しやすいので利用しました。

 

ntpの設定

ntpdateの設定

ntpの設定を行う前に、手動で時刻を合わせるためにntpdateをインストールします。

# yum install ntpdate

NTPでの時刻同期の際にサーバ内のハードウェアクロックを更新するために、次のように設定を変更しておきます。

# diff /etc/sysconfig/ntpdate.org /etc/sysconfig/ntpdate
5c5
< SYNC_HWCLOCK=no

> SYNC_HWCLOCK=yes

設定後、ntpdateを用いて手動更新しておく。

# ntpdate ntp.nict.jp

ntpの設定

ntpをインストールする。

# yum install ntp

外部からサーバのntpdサービスの利用を無効化するとともに、さくらインターネットの場合は、用意してくれているNTPサーバ ntp1.sakura.ad.jp を参照するように、次のようにntp.confを変更しておきます。

$ diff /etc/ntp.conf.org /etc/ntp.conf
8,9c8,11
< restrict default kod nomodify notrap nopeer noquery
< restrict -6 default kod nomodify notrap nopeer noquery

> #restrict default kod nomodify notrap nopeer noquery
> restrict default ignore
> #restrict -6 default kod nomodify notrap nopeer noquery
> restrict -6 default ignore
15a18
> restrict ntp1.sakura.ad.jp kod nomodify notrap nopeer noquery
22,24c25,28
< server 0.rhel.pool.ntp.org
< server 1.rhel.pool.ntp.org
< server 2.rhel.pool.ntp.org

> #server 0.rhel.pool.ntp.org
> #server 1.rhel.pool.ntp.org
> #server 2.rhel.pool.ntp.org
> server ntp1.sakura.ad.jp

ntpdを起動します。

# service ntpd start

ntpdがサーバ起動時に自動的に起動されるように設定しておきます。

# /sbin/chkconfig ntpd on

スパースバンドルディスクイメージの容量を増やす

スパースバンドルディスクイメージでは、ファイルを削減しても容量が増えません。

そのため、削減した分の領域を再利用できるように以下のコマンドを実行する必要があります。

hdiutil compact filename.sparseimage

SELinuxが有効な状態でのtar コピー

SELinuxが有効な状態ではディレクトリやファイルのリソースにはタイプが付与されており、通常のtar コマンドでは現在のタイプを保持したままコピーすることはできない。
そのため、starコマンドを使用する必要がある。
 yum install star
でstarを入れた後、コピー元のディレクトリに移動し、
 star cvf – . -H=exustar -xattr | (cd コピー先; tar xvf -)
とするとコピーできる。

gitコマンドを使わず削除してしまったファイルの扱い

gitで管理されているファイルを普通にrmコマンドで削除してからcommitしようとすると次のようなメッセージが出てコミットの対象外になってしまいます。

$ git status
# On branch master
# Changes to be committed:
# (use “git reset HEAD <file>…” to unstage)
#
# modified: HogehogeApp/static/css/bootstrap.css
# new file: HogehogeApp/static/css/bootstrap.css.map
# modified: HogehogeApp/static/css/bootstrap.min.css

#
# Changed but not updated:
# (use “git add/rm <file>…” to update what will be committed)
# (use “git checkout — <file>…” to discard changes in working directory)
#
# deleted: HogehogeApp/static/css/base.css
# deleted: HogehogeApp/static/css/changelists.css
# deleted: HogehogeApp/static/css/dashboard.css
# deleted: HogehogeApp/static/css/forms.css


解決策は簡単で数が少ないときは、deletedで示されたファイルを

“gitコマンドを使わず削除してしまったファイルの扱い” の続きを読む

拡張子の一括変更の仕方

Macではファイル名にスペースが含まれる場合があるので、そのままでは簡単に変更できない。
 
また、iTunesでは同じフォーマットでも拡張子によってオーディオブック形式になり倍速再生が可能になったりする。
 
変更したいファイルが同一のフォルダにある場合は次のコマンドで一括変更が可能。
(例:m4a → m4b)
$ for i in *.m4a; do mv “$i” “${i%.m4a}.m4b”;  done
inの後ろはlsではなく*にするのがポイント。lsではスペースが上手く処理できない。

Postfixの設定

postfixのインストール

古いCentOSやFedoraには標準状態ではMTAとしてsendmailが導入されています。

sendmailは非常に歴史は古いですが使い勝手が悪いため、Postfixがインストールされていない場合は、以下のインストール手順でインストールします。

# yum install postfix


postfixのインストールに成功したら、sendmailの削除を行います
(順序を間違えると依存関係でcrontabsなど必要なソフトまで削除される)

“Postfixの設定” の続きを読む

GNU Screenにパスワードを設定する

サーバーを管理する際にGNU Screenを使うと作業を中断せずにサーバから一時的に切断することが出来て便利です。

しかし、rootで作業したままセッションを切断すると、ユーザーのアカウントが何らかの原因で使われた際に即rootになれるので危険です(sudo使えって話かもしれませんが^^;)

そのため、GNU Screenにパスワードを設定します。
まず、一旦screenを起動します。

“GNU Screenにパスワードを設定する” の続きを読む

Linux(Cent OS)上のParallels Toolsをアンインストールする

急にParallels Toolsがおかしくなって、Xの起動時に画面が真っ暗になって起動しなくなりました。

Parallels Toolsを再インストールしようとしても、「処理」メニューには「Parallels Toolsの再インストール」ってメニューは 表示されるものの、選択してもイメージはマウントされず、困り果ててました。

いろいろ調べたところ、以下のコマンドでParallels Toolsをアンインストール出来ました。

 sudo /usr/lib/parallels-tools/install -r

uninstallに成功後に再起動すると、再度「処理」メニューに「Parallels Toolsのインストール」が表示されるようになり、一からインストールすることが出来ました。