NSIntegerを32bit/64bit両環境で表示させるには

iPhoneは5Sから64bitになりましたが、64bit環境だとNSIntegerの値が異なります。

32bit64bit
long48
size_t48
NSInteger48
CGFloat48


このため、

NSInteger count=1;

NSLog(@”NSInteger count = %d”, count);

といったプログラムを組むと、64bit環境で実行しようとすると

ViewController.m:122:86: Values of type ‘NSInteger’ should not be used as format arguments; add an explicit cast to ‘long’ instead

のようなエラーが出力され、%ldに訂正するようにXcodeに勧められます。
しかし、

NSInteger count=1;
NSLog(@”NSInteger count = %ld”, count);

のように訂正すると、今度は32bit環境で実行した場合にエラーになります。

対策として、32bit/64bit両対応にするには、

NSInteger count=1;
NSLog(@”NSInteger count = %zd”, count);

と「z」を付けると両対応できるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。