RPMパッケージを定期的に更新するには

サーバは、セキュリティーアップデートが出る度に定期的に更新しないと大変なことになりますが、手動でいちいち

yum update

とするのは面倒だったりします。


CentOSにはyum-cronなるものが用意されており、これを動かしておくと定期的にupdateしてくれます。
まず、パッケージを導入します。

sudo yum install yum-cron

起動します。

sudo /etc/init.d/yum-cron start

次にサーバ起動時に自動起動されるかを確認しておきます。

sudo /sbin/chkconfig –list yum-cron
yum-cron        0:off   1:off   2:off    3:off   4:off    5:off   6:off

ここで3(runlevelコマンドで確認できる数字)がoffになっていたりするとサーバ起動時に起動しませんので、自動起動するように設定しておきます。

sudo /sbin/chkconfig yum-cron on

再度起動状態を確認します。

sudo /sbin/chkconfig –list yum-cron
yum-cron        0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off

3がonになっていれば終了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。