LVMで論理ボリュームのサイズを変更する

LVMではスナップショット機能を有効にすることができますが、既に物理ボリュームを限界まで使ってパーティションを作っているとスナップショット用に領域を作れません。
新たにディスクを買い足すなどしてボリュームを追加する方法もありますが、論理ボリュームに空きがあればサイズを変更してスナップショット用の領域を空けることが出来ます。

まず、パーティションをumountしておきます。

rootパーティションなどはアンマウントできないため、インストールCDなどから起動します。


一旦、ファイルシステムに対してfsckをかけます。

# e2fsck -f /dev/VolGroup00/LogVol00

 resize2fsでファイルシステムのサイズを変更します(この例では20Gに変更)

# resize2fs /dev/VolGroup00/LogVol00 20G

 lvreduceで論理ボリュームのサイズを変更します。

# lvreduce -L 20G /dev/VolGroup00/LogVol00

 lvdisplayコマンドでサイズを確認するとサイズが変わっていると思われます。

# lvdisplay /dev/VolGroup00/LogVol00

— Logical volume —
 LV Path /dev/VolGroup00/LogVol00

LV Name LogVol00

VG Name VolGroup00



LV Size 20.00 GiB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。