SELinuxが有効な状態でのtar コピー

SELinuxが有効な状態ではディレクトリやファイルのリソースにはタイプが付与されており、通常のtar コマンドでは現在のタイプを保持したままコピーすることはできない。
そのため、starコマンドを使用する必要がある。
 yum install star
でstarを入れた後、コピー元のディレクトリに移動し、
 star cvf – . -H=exustar -xattr | (cd コピー先; tar xvf -)
とするとコピーできる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。