Mac用のGoogle Chromeでオートコンプリートを一部削除する

Google Chromeを使っていると、フォームに入力した内容が勝手に記録されて、次回以降の同じフォームへの入力時には前回入力した内容が表示されて入力が楽になる「オートコンプリート」機能があります。

非常に便利な機能なのですが、間違って入力した場合に項目を消すにはどうすればいいのか分かりませんでした。

ググったところ、ChromeのサポートページにはShift+Deleteで削除できると書いてあったのですが、Macで同じように試しても削除できません。

調べたところ、Mac用のChromeの場合は、削除したいオートコンプリートの項目をカーソルキーで選択しておいてから、「shift – fn – delete」の組み合わせを押すと削除できました。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。